ついにメニエール病の薬を卒業!でもこれが完治ではない?

少し前に、耳鳴りが酷くて。
病院に行ったら、メニエール病だって言われました。

メニエール病って、めまいの病気だと思っていたのですが、耳にも症状がでるんですね。

病院で、笑っちゃうくらいマズイ薬を貰いました。
シロップで。
激甘なのですが、後味が苦いうというか複雑なマズさというか。
もう、ホント信じられないくらいマズイ薬でした。

その薬を飲むこと2週間。
ついに、卒業の時を迎えました。
幸せ。

楽しい食事の後に、毎回訪れるお薬タイム。
ホント苦痛でした。
毎回、悶絶でした。

よくなってくると薬ってついつい忘れがちになるものですが、マズすぎる薬って、忘れられないってことがわかりました。

お腹がすいたなー。
何食べようかなー。
はぁ・・・薬飲まなくちゃね。

って食事の前に、既に薬のことが頭をよぎります。
もう、インパクト大の激マズ薬。
もう飲まなくて良いなんて。
幸せすぎます。

と言っても、薬やめて、もしまた症状が出て来たら、病院に行かなくちゃいけないんですけどね。
なので、これが完治ってわけでもないみたいです。

完治ではないらしい

ここは、気合で押さえますよ。
もう、二度とあの薬は飲みたくありません。

これから、メニエール病になっちゃって・・・
と言う人がいたら、症状よりも薬のことで同情してしまうかもしれません。

でも、中には何か月も飲み続ける人もいるらしいので。
そう思うと、2週間で卒業できた私はラッキーです。

早めに病院に行ったからかなー。

何事も、早めに治療を始めるのって大切ですね。